陰りと消滅

ホーム > 歴史 > 陰りと消滅

目次

計画中止

昭和4年に行われた第6回鉄道会議*1において事態は急変する。五條阪本間を含む23線が鉄道計画を削除されるのだった。その他にも完成年度変更が70本、繰り延べは53本におよんだ。理由は金である。

今回の諮詢は例年の如き新線の追加又は着手年度、完成年度の繰上と云ふやうなものではありませぬ、建設線の着手年度、完成年度を繰延べ、又は削除せんとするものでございますが、是は財政の関係に依るものでございまして、洵(まこと)にやむを得ないのでございます

鉄道次官青木周三の話は、以後延々と財務的な話がつづく。線路が240哩増加したにも関わらず、予定していた運賃収入が当時の金額で2,254万円も下回っていたことが最も大きな原因である。新線を投入しても採算が合わなくなってきた。自動車の発達も、鉄道を脅かすところまで来ていた。これまでの計画を根本から見直さねばらならないことが明確に打ち出されたのであった。


  1. 野田正穂・他編『明治期鉄道史資料 第II期 第14巻 鉄道会議議事録 第3~6回(大正15~昭和4年)』日本経済評論社(1988年11月20日発行)

上京

五新線の計画が消えてしまった。このときの五條を始めとする地域の人びとの気持ちはどのようなものだったのであろうか。請願のために上京したというそのときの文章*1があるので、これを引用してみる。文章表現は平易なものに改め、意訳を含めていることをご了承いただきたい。

(前略)鉄道敷設法制定に際して、当時政府の発表した敷設理由を見るに、数設法149線の中であえて(五新線が)他に遜色がないことは勿論のこと、軍事国防上の点についてもこの必要を認められいる事となっている。なお最近国立公園委員会において決定されている国立公園の地域にも属している。(中略)御伝達を賜りたる仙人踏に富み、いずれの点より照察するも本線を閑却するがごときは、深く本線の実質を考慮されておられないのではないでしょうか。幸いに本鉄道問題発生以来の沿革を詳に調査していただくか、必ずすみやかにこれを復活していただくことを深く確信しております。何卒閣下の大英断によって国家の富源開発すると同時に、今日交通文化の恩沢に受けていない十数万沿線民を救済せられん事、吾等代表して陳情致します。
昭和七年十一月二十八日
五条新宮線鉄道期成同盟会
内閣総政大臣斎藤実閣下
鉄道大臣三土忠造閣下(以下略)


  1. 『大塔村史』大塔村役場(昭和34年11月3日発行)