勃興と国有化

ホーム > 歴史 > 勃興と国有化

目次

近畿地方の起こり

1872(明治5)年、新橋─横浜間にて日本で最初の路線が開業してから、鉄道の広がりは日本の工業化の発展に貢献してきた。鉄道が市場を拡大し、貨物輸送の手段としての地位を確立していった。1881(明治14)年に民間企業として最初の日本鉄道会社が設立された。現在のJR東日本の多くの路線はこの会社が敷設したものである。財政の乏しい国に代わり、建設は民間の資本によって切り開かれた。五新線近辺の鉄道の起こりについて調べてみると、奈良から王寺間は1889(明治22)年に、王寺から高田間は1891(明治24)年に大阪鉄道によって開通している。

敷設法と国有化

民間の資本によって切り開かれるかのように思われた鉄道の建設だったが、1892(明治25)年に鉄道敷設法ができる。軍事や経済の目的から幹線鉄道網の計画や決定は国の諮詢(しじゅん)を経て、議会の賛成を得なければならないよう制限された。この鉄道敷設法がのちの五新線にとって大変重要な意味を持つ。

敷設法に選ばれた予定鉄道路線は33路線あり、その中には、JR和歌山線の前身となる「大阪府下大阪若ハ奈良縣下上八木又ハ高田ヨリ五條ヲ經テ和歌山縣下和歌山ニ至ル鐵道」が含まれている。高田―五條間は1896(明治29)年10月25日に開通*1し、恩恵を受けることになった。

続けて1898(明治31)年4月11日に五條―橋本間、1900(明治30)年11月25日に五條―和歌山間が開業している。この時、開通して3日間は運賃を半額にするサービスを行ったという。*2

さらに1906(明治39)年、鉄道は国有化される。これには流通を拡大させるという経済的な理由、物資輸送を必要とする軍事的な理由、さらには地元に鉄道敷設の公約をかかげて自らの勢力を拡大させようとする政治的な理由があった。国は連日のように公債を発行しながら17の私鉄を買収、総額は4億6,700万円にもおよんだ。大阪鉄道(関西鉄道)、高田―五條間の南和鉄道、五條―和歌山の紀和鉄道のそれぞれが国有化に含まれている。


  1. 『五條市史 上巻』五條市史調査委員会(1958年11月3日発行)
  2. 「九度山町史編さんだより 平成16年7月号」九度山町教育委員会

新宮と鉄道

奈良から高田、五條を経て橋本、和歌山までの鉄道が開通した頃、和歌山側の新宮でも鉄道敷設の動きがあった。ちょうど地方の開発を地域主導で推進するため、1910(明治43)年軽便鉄道法が制定された。これによって従来の私鉄設立の条件が緩和され、鉄道が敷きやすくなったのである。

これを機会とみた新宮の実力者津田長史郎は、材木業者らを発起人として、同年に新宮鉄道株式会社を設立、新宮―勝浦間に軽便鉄道を走らせることにした。軌間や設備などは従来よりも簡易なものとしてもよいと定められており、早速翌年には起工、1913(大正2)年に新宮―勝浦間が開通している。わずか2年のスピード対応だった。

この新宮の鉄道に対して「猛烈に反対」する人間もいたようである。これまでの物資輸送を担ってきた車夫や船に関わる者たちである。仕事が減ることがわかっているわけだから当然持つべき感情であろう。反対派の動きから会社の設立が支持されず、事業は困難となるかに思われた。しかし、全く集まらない新会社の株についても、津田は新聞には満株でさぞ順風であるかのように書き煽らせ、マスコミによって鉄道という一大ムーブメントを誘導したのだった*1。いつの世の中も正攻法だけがうまくいくとは限らない。結果としてこの鉄道が産業や観光に寄与することになったことは言うまでもない。


  1. 『新宮市史』新宮市役所(1972年10月30日発行)